転職方法−年収アップのコツ

転職で年収アップする方法【職種】

今回は職種について説明します。
DODAの情報によると、年収の高い職種は以下のようです。

 

「平均均年収」「職種」「職種分類」の順で記載

 

779万円 金融系専門職 投資銀行業務
731万円 営業系 MR
695万円 企画・管理系 経営企画/事業企画
687万円 金融系専門職 ファンドマネジャー・ディーラー・アナリスト
661万円 技術系(電気・電子・機械) セールスエンジニア・FAE
630万円 技術系(IT・通信) ITコンサルタント
626万円 技術系(電気・電子・機械) 先行開発・製品企画
623万円 企画:管理系 法務
622万円 企画・管理系 財務
614万円 技術系(電気・電子・機械) プロセスエンジニア

 

MRは激務だと聞きます。
ただ年収がよいことで有名です。
年収1,000万以上もあり得ると聞きます。

 

 

バイトをしていた時に、塩野義製薬の方々が、
医師を接待しているタイミングに出会いました。
個室だったので、どういう会話だったのかはわかりませんが、
大人の世界を垣間見た気がしました。

 

 

 

また、バックオフィス系でも高年収が狙えるのが分かります。
経営企画・法務・財務。
知識と経験を身に着けていれば、
他業界の同職種で高年収が期待出来そうです。

 

 

 

ただ、営業と違い頭数が少ないため、
競争は激しいと思います。
また社内の人間関係がとても重要になるため、
その点も注意する必要があります。

 

 

 

現職は、バックオフィス系の人間がよく辞めていきます。
純粋にその職務を担える能力の問題ではなく、
人間関係で辞やめていき(辞めさせられる)ます。

 

 

 

営業とバックオフィス系の人間は母数が違うのですが、
明らかに確率が高いです。
人事速報を見て、またやめたのか。
と感じていました。

 

 

 

私の場合は「営業」から「営業」でした。
職種は同じです。
ただし業界を変えたおかげで年収が大幅にアップしました。

 

 

 

業界の専門用語、その業界特有の人間関係の構築方法など、
最初は戸惑いましたが、すぐに慣れました。
良いことづくめのように感じるかもしれませんが、
年収アップにはリスクもあります

 

 

次回はその点について説明していきます。

 

 

 

==> 年収アップのリスクの記事に進む

 

==> 転職方法−年収アップのコツのTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加