転職方法−年収アップのコツ

志望動機を考える【実践編】

早速ですが、私の(とは言っても当時使ったものとは違いますが)
志望動機を下記します。
個人情報なので、今回のサンプルは架空の例にしています。

 

 

≪世界中に日本の製品を販売する仕事がしたい≫
現職は海外の商品を日本に販売するというビジネススタイルであり、
海外で日本の製品を販売することはありません。
なぜなら、業界自体が日本独自の規格で運用されているため、
海外での販売が難しいからです。
私は顧客の要望に合わせた日本だけに捉われない柔軟な仕事がしたいです。
御社は、複数の海外拠点を有し日本のみならず、
世界中のメーカーに部材を調達しています。
私がしたいと思う仕事が出来ると思い、今回応募させていただきました。

 

 

 

 

ちょっと抽象的な言い回しもありますが、
海外で日本の製品を販売したい!という思いを説明した内容です。
設定条件を言うと、私が属している業界は、
製品を輸入することは有っても輸出することはまずありませんでした。

 

 

海外で製造しているメーカーは複数ありましたが、
ソコに部材を供給するという商流はありませんでした。
そこまでの力がない会社だったというのが現実です。

 

 

 

 

海外赴任してみたいという願望もあったので(給与が良いから)
海外との接点が多い企業。
そして、ある程度興味のある製品を扱っている会社が良いと思っていました。

 

 

志望動機内にはそこまで書いていませんが、
面接の際に聞かれる場合を想定してあらかじめ考えていました。
有る程度ポイントを抑えれば、書類上は志望動機を作ることが出来ます
ただし、実際の面接となると違ってきますので、注意が必要です。

 

 

 

例えば、
「XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
 海外に日本の製品を販売する仕事が出来ると思い応募しました」

 

「なるほど。そうですか。
 でも弊社以外にもソレが出来る会社があるんじゃないですか?

 

 

「いえ、私が御社を志望した理由は、もう1つあります。
それは、日系メーカーの最新部材を扱うことが出来るという点です」

 

・・・・・・・・・・・・・・・以下続く

 

 

という風に、面接官は志望動機を語る背景をより知りたいと思い、
その動機が本物かどうかを確認しようとしてきます。
○○が好きです。
○○に興味があります。
という回答は、彼らの疑念を振り払う手ではありますが、
逆に言えば、一貫性を持てないと自爆する可能性もあります
どういう事かと言うと、

 

 

 

私は、最新部材を扱う仕事に興味を感じた。
と答えました。

 

すると面接官は「最近気になる話題は何ですか?」
というような趣味の話をしてきました。
ここで、本当の趣味を答えると撃沈します。
私の趣味は、旅行やフットサルです。

 

 

そのため、○○が世界遺産に登録されたというニュースです。
なんていう回答をしてしまった日には、面接官の頭は「???」
という感じになってしまいます。

 

 

 

 

なぜなら、彼らがこの質問から知りたいと思っていることは、
最新部材=扱っている製品に関係する話題が出てくるはず!!
と考えているからです。

 

面接官の頭の中では、私の志望動機や興味があるからという説明から
“趣味も当然それに関係する事だろう”という勝手な想像が行われています
そして、そう思っているのだから、その願望に合わせてあげる必要があります。

 

 

 

そのため、私が志望する業界が自動車に関係しているとするならば、
「TOYOTAが発表したMIRAIというFCV車が気になっています」

 

志望している業界が航空に関係しているのならば、
「50年ぶりの国産ジェット(MRJ)が気になっています」

 

志望している業界が鉄道に関係しているのならば、
「HITACHIが受注したイギリスの地下鉄案件が気になっています」

 

 

などと答える必要があるからです。
面接の場では、趣味・気になること・好きなこと
これらすべてが一貫していないとダメです。
次回に続きます。

 

 

 

 

==> 志望動機を考える【実践編2】の記事に進む

 

==> 転職方法−年収アップのコツのTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加