転職方法−年収アップのコツ

面接の注意点【やる気を見せるには】

「20代の転職に必要なのはやる気熱意です」
これはある程度正解です。
ただ、この言葉通りに面接に挑戦しても
不合格になる可能性が高いです。

 

 

なぜなら、どうすれば“やる気や熱意”を相手に伝えられるのか?
それが分からないとアピールに成り得ないからです。

 

 

そもそもやる気ってどうやってPR出来ると思います

(@_@;)やる気を伝える方法!?

・大きな声
・表情やしぐさ
・服装(清潔さ)
・論理的な文章
・元気良さ

 

確かに、これらもやる気を見せる要素です。
でも、これらは一要素であって適切な方法ではありません

 

 

 

ではやる気をアピールするにはどうやって行うのか?
企業の人達が「この応募者、やる気が有るな」と感じるのは、
自社について研究している場合です

 

 

「この人業界未経験なのに、ここまで調べているんだ」
そう感じさせることが出来たのなら、
あなたのやる気は企業側にしっかり伝わっています

 

やる気をアピールする方法

・企業の基本情報を理解する(売上・従業員数・資本金等)
・企業の立ち位置を確認する(どういう業界にいる・ライバル企業)
・業界の問題点を確認する(将来性や抱えている問題等)
・業界のホットな話題を確認する

こういうネタを事前に収集することです。

 

 

 

詳しくはこのページで紹介しています。
企業・業界研究を行うことが、やる気をアピールする一番の方法です。

 

”未経験だから知らない”は、
企業側からすれば準備不足と認識されます。

 

応募するのだから“知っていて当然”と彼らは考えています。

 

 

 

企業の基本情報を調べるのは当たり前です。
応募している企業は、業界でどういう立ち位置なのか?
それを調べる必要があります。

 

具体的には、
・業界で何位?
・どういう業界?(半導体、電子機器、自動車)
・競合は何という会社?
等々です。

 

これらを最低限理解しましょう。
そのうえで面接にのぞむようにしましょう。

 

 

 

当然、独自で調べてもよくわからない点が出てきます。
そういう「業界の疑問点」を面接中に行えば、
あなたのやる気は企業に伝わります

 

 

 

とりわけ大手の面接を受ける際には、
抽象的で曖昧な方法ではやる気や熱意は伝わりません
高い確率で不合格になります。

 

 

ではどのタイミングで伝えるのが良いのか?というと、
タイミングは2回あると思っています。

 

やる気や熱意を伝えるタイミング

・志望動機に対する返答時
・面接官への最後の質問時

「なぜ弊社を志望しますか?」という質問に対して、
「御社で○○という仕事がしたいからです」と回答します。

 

 

 

志望動機のポイントは、以下2点です。

「○○がしたいから」

「○○が好きだから」

 

 

そして、○○は、志望する企業と関連性が高い必要があり、
関連性が低い場合は、志望動機になりません
「○○に興味があるのに、なんでウチを受けるの?」
と解釈されます。

 

 

 

 

最後の質問時は、面接中に解消出来ていない点や疑問に感じている点
(業界について独自に調べたが、分かっていない点)
または、仕事に関する点を質問すると、やる気をアピール出来ます。

 

ただし、尋ねたからには、面接官の回答に対して、
ちゃんとリアクションすることを忘れてはいけません。

 

 

 

疑問が有ったから質問したのに、その疑問が解消されても無反応。
それってオカシイですよね?

 

詳細はこのページに書いていますので詳しくは割愛しますが、
質問→面接官の回答→リアクション
この流れを忘れないように気をつけた方が良いです。

 

 

 

 

余談ですが、私は過去にあまり準備をしていなかったのに、
なぜか合格した企業がありました。
一次・二次・最終ともにトントン拍子で進みました。
ただ、そこは本命ではなかったので断りました。
今思えば断わって正解だったと思います。

 

 

 

その理由は2つあります。
・現職の給与・仕事内容・勤務地に対してある程度満足している
・面接の基準があまりにテキトー過ぎる(ブラック企業の可能性が有り)
という点でした。

 

 

 

経験していないため、断言は出来ません。
ただ、あまり下調べしていない人間を雇う理由は何か?
それを考えると、怪しさが募ります。
これまでの分析より“単純労働力が欲しい”可能性が高いと言えます。

 

 

 

 

自分の会社についてほとんど調べていない人が
「やる気があります!」と言ってもそれは嘘だと感じませんか?
やる気があるなら、事前に調べてくるはずです。
そして、調べたなら疑問の1つや2つは出てくるはずです。

 

 

 

彼ら(面接官)はそう考えています。
なので、面接の場でやる気をアピールするためには、
事前に企業について調べる必要があるのです。

 

転職の成功率を高めるために

 

私が成功出来た理由は、エージェントを利用したからです。
「やる気を伝える方法」も言われれば納得ですが、
自力で気づくのは難しいです。

 

 

こうした知識や面接での対応方法などは、
すべてエージェントから教えてもらいました。

 

マイナビエージェント

 

20代~30代の転職者向け
関東、関西圏の求人に強いです。
書類添削・面接セミナ、面接の練習。
サポートが充実したエージェントです。

 

マイナビエージェントのHP

 

type.転職エージェント

 

20代~30代の転職者向けです。
首都圏の求人に特化しています。
実に転職者の71%が年収アップに
成功しています。

 

type.転職エージェントのHP

 

 

 

==> 転職の注意点【話が長いのはNG】の記事に進む

 

==> 転職方法−年収アップのコツのTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加