転職方法−年収アップのコツ

面接の注意点【想定される質問とカテゴリ】

“転職の面接で尋ねられる質問は3種類”と以前に紹介しました。
・自己PR
・転職理由
・志望動機

 

 

この3つです。
そして、企業がこの3つの質問から知りたいのは以下です。

企業が知りたいポイント

・能力があるかどうか
・長く働いてくれるかどうか

 

相手の質問の意図を察知し的確に回答する必要があります。
ただし、実際に面接官の質問が何について尋ねているのか?
未経験の場合、判断が難しいと思います。

 

 

 

私も過去の面接で転職理由を聞かれているのに、
志望動機を話した経験があります。
笑い話ですが、こういうことはよくあります。
再発防止策として、事前に想定される質問を
カテゴリに分けて紹介したいと思います。

 

 

 

 

自己PRに関する質問(能力)

@長所(または短所)を教えてください。
A今まで最も苦労したことは何ですか?
Bあなたの強みは何ですか?
C今までの成功体験を教えてください。
Dあなたのどういう経験が当社に役立ちますか?
E職務経歴書について教えてください。

 

 

 

 

大切なのは成功した体験の具体的なプロセスを語ることです。
以前この記事で説明しましたが、成果をまずは語ります。
そして、その成果を上げるために自分が当時どのように考えて、
どのような行動を取ったのか。
そのプロセスを説明します。

 

 

 

自己PRの記事でも紹介していますが、
ストックは最低でも3個欲しいです。
なぜなら、用意したネタが企業の要求にミートしていない場合、
合格できない可能性が高まるからです。

 

 

 

 

自己PRに求められているのは、あなたの能力です。
どういうスキルを保有しているのか?
過去のどういう経験が転職先に応用出来るのか?
と言った点を彼らは知りたいと思っています。

 

 

そして、企業のニーズによってPRするネタをチョイスして、
より適合性が高いことをアピールするのが成功するコツです。

 

 

 

 

転職理由(長く働いてくれるかどうか)

@転職理由を教えてください。
A前職を選んだ理由は何ですか?
B今の会社を辞めようと思った理由は何ですか?
C前職で大変だったことを教えてください。

 

 

 

大切なのは客観的かつ具体的な内容を語ることです。
そして、面接官に共感してもらえる内容であること。
「そういう事情があるなら仕方ないね」
と思ってもらえるようなストーリーを語ることです。

 

 

内容は「本当は前職を辞めたくなかったのに、
○○という理由があって、仕方なく辞めました。」
という外部的な要因があり、継続が困難になった旨を説明します。

 

 

 

 

主観的=“自分勝手”という印象を抱かれるため、
しっかりとストーリーを考えた方が良いです。
そして、この記事でも説明していますが、
転職理由の王道は、以下の3パターンです。

・実害を被った場合

・やりたい仕事が出来ない場合
・正社員で働きたい場合

このいずれかに沿った形で転職理由を作るようにしましょう。

 

 

 

志望動機(長く働いてくれるかどうか)

@なぜ当社に応募したのですか?
A希望する職種は何ですか?(その理由は?)
Bどんな企業に併願していますか?
C採用されたらいつから入社出来ますか?
D将来の夢を教えてください。
E当社に対してどのようなイメージがありますか?

 

 

 

大切なのは○○をしたい・好きだからという思いを語ることです。
「前職では△△と言う障害があり、○○が出来る環境ではありませんでした。
でも、御社なら○○が出来ると考えたため、応募しました」
というような○○をしたいと思ったが、外的要因がありそれが出来ない。

 

 

 

そのため(仕方なく)転職することに決めました。
つまり○○出来る環境なら、私は辞めません!
というストーリーを作る必要があります

 

 

 

 

企業側が志望動機に対して求めているのは、
「長く働いてくれるかどうか」です。
そして、応募者の志向性や価値観が会社と合っているかどうか?
という点を志望動機からチェックしようとします。

 

 

 

そのため、過去の経験から企業との接点を見つけ出し、
それを基に志望動機を作ることで、説得力のある志望動機が作れます。

 

 

 

 

==> 面接の注意点【やる気を見せるには】の記事に進む

 

==> 転職方法−年収アップのコツのTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加