転職方法−年収アップのコツ

面接の注意点【面接の流れ】

私が転職活動時に受けた会社は24社です。
そのうち、面接に進んだのは19社。
それだけ面接を受けていると面接の法則というか、
“メジャーな質問が存在する”ことが分かりました。

 

 

 

中でも、80%以上の確率で面接の最初に尋ねられる質問がありました。
それが自己紹介です。

 

 

 

以下実際の例を交えて紹介します。
パターン1:部屋に通された時点で面接官が着席している
パターン2:部屋に通されてから面接官が入ってくる
の2種類があります。
どちらのパターンにせよ開始早々に自分から名前を名乗ります

 

 

 

私「◎◎と申します。本日はよろしくお願いします。」
面接官「はい、よろしくお願いします。」
「では、まずはじめに自己紹介お願いできますか?」

 

 

 

 

と簡単ですが、以上のような流れになります。
名前は必ず名乗るようにした方が良いです。
なぜなら、エージェントから聞いた話なのですが、
名前を名乗らなかったばかりに面接に落ちたケースが存在するそうです。

 

 

(;一_一)マジか・・・と思いましたが、
確かに自分の名前を名乗らない人は社会人として失格ですよね。
企業側からすれば「お前は誰だ!」って感じますよね。

 

 

 

 

えっ!自己紹介するの?
履歴書読んでないんですか?
┐(´〜`)┌ 事前に職務経歴書とキャリアシートを提出したでしょ?
と言いたくなりますが、そこは我慢です。

 

 

 

そもそも彼らは普段別の業務をしているので、
採用する人の経歴を細かく覚えていません
頭の片隅に何となく残っているかもしれませんが、
この人はどういうキャリアの人だろう?というのが彼らの本音です。
その疑問に回答する中身が、自己紹介です。

 

 

 

では、自己紹介で何を言えば良いのか?
特別な事は何一つありません。

 

オーソドックスに自分を紹介すれば良いです。

自己紹介の流れとその中身

@名前と年齢
A最終学歴(◎◎大学を卒業)
B職務経歴(どういう会社で何をしていたかを説明)
CPRしたい成果を語る(応募する企業に関連する内容に限る)
D締めくくりの挨拶

自己紹介は全体で1分間くらいです。

 

 

ストップウォッチで計ったわけじゃないので、正確ではありません。
長くならないように簡潔に話します。
長いと記憶に残らないどころか相手に不快な気持ちを与えますので、
注意した方が良いです。

 

自己紹介の具体的な進め方

 

@Aは特に難しいことは何一つありません。
Bは以下のように行います。
人によっては複数回転職を経験している人もいると思います。
私は初回だったので、以下のような感じで紹介しました。

 

「20××年4月◆◆株式会社に入社し○○年間、国内営業を担当しております。」

 

 

 

ザ・シンプルです。
職務経歴に自己PRは要りません。
あくまで、自分がどの会社で何をしてきたのか?
という点を説明することが目的です。
PRすべきは、次のCです。

 

 

 

流れからして気付いている人もいると思いますが、Cの成果が最も重要です。
他の応募者達と差別化するためにも、
自分と企業に関連する成果がPR出来れば最高です。

 

 

 

 

石炭化学メーカーの営業に応募しているとします。
化成品を顧客毎のニーズに合わせて提案販売しています。
既存の販路拡大と新規販売先にスペックインするのが主な内容です。

 

 

アメリカ発のシェールガス革命が個人的に気になるニュースなので、
この業界をチョイスしています。
個人的に非常に気になっている業界です。
ただし未経験です。

 

 

 

≪顧客の要求スペックに対応し売上を2倍に伸ばしました≫
顧客から難しい要求が有り社内の各責任者と対応策を検討しました。
その一方でコスト・納期を顧客と交渉し承諾をいただきました。
その結果、月々の売上を従来の2倍にすることに成功しました。

 

 

 

 

かなり簡潔に書いています。
個人的には、顧客の要求はどういう内容だったのか?
がすごく気になります。
面接ではこの点必ず突っ込まれますので、
要求スペックの具体例を考えていた方が良いです。

 

 

 

逆に言うと突っ込まれる要素を自分から作り出しておくと、
後の質問が容易に予想出来るので対応が楽です。
そして、売り上げ倍増も100万が200万になったのか?
それとも1億が2億になったのか?

 

 

もしも売上金額が低いと感じているならば、
敢えて言う必要はありません。
金額の多寡は問題ではなくプロセスがとても重要だからです。

 

 

 

 

Dの締めくくりの挨拶は簡単です。
「一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします。」
的な内容で良いと思います。
この挨拶をする意味は“これで自己紹介が終わりです”
という宣言をするためです。

 

 

 

相手もどこで終わったのか分からないと困惑しますし、
変な間が出来ると気まずいですからね。
お互いに。

 

 

 

==> 面接の注意点【基本的なこと】の記事に進む

 

==> 転職方法−年収アップのコツのTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加