転職方法−年収アップのコツ

応募書類を作成する

自己PR・転職理由・志望動機の3つが出来たのなら、
ようやく応募書類(キャリアシートと職務経歴書)の作成です。
すでに業界研究も行っているので、狙いは定まっています。
転職に成功した今だから分かることがあります。

 

 

 

それは、自己分析(自己PR・転職理由・志望動機)をしてから、
書類を書き始めないと、方向性が定まりません

 

自分の中で“したいと思う仕事”が定まっていないと、
(;一_一)どうやって進めれば良いか分からないですよね。
それと同じです。

 

 

 

 

実をいうと私も転職活動を始めた当初、
今すぐ書類を書こう!と思っていました。
でも、いざパソコンの画面を開いてみても
どのように書けば良いのか分かりませんでした。

 

 

 

しかも、分からないことにチャレンジする時って、
ハートが強くないと挫けそうになるんですよね。
なんとなく他の転職サイトの例文を参考にして書いてみましたけど、
何か違うんですよね。

 

 

 

 

何と言うか、上っ面だけ真似ているので、
その書類の中の人物と自分がイコールに見えないんです。
その理由を考えてみたら、以下のことが分かりました。
相手の意図する質問の回答が自分の中から導き出せていません。

 

 

 

そのため、多少面倒だと感じても自己分析を先に終わらせないと
結果的には、転職活動期間が長くなると感じました。
そして、成功確率を高めるためにも、
まずは自己分析をして、書類を作成したほうが良いです。

 

 

 

 

書類に記載する内容は、以下です。

企業が職務経歴書から知りたいポイントは2つです

@どういう会社にいたのか
Aどういう仕事(経験)をしてきたのか

そして、企業には1日に何通も応募書類が来ます。
読みづらい書類はNGです。

 

 

物理的に考えて彼らがじっくりと目を通しているとは思えません。
書類選考で落ちた場合、自分の魅力を伝える機会がありません。

 

 

 

そのため、読んでもらえる書類を作成する必要があります。
ただバカ正直に書いてはダメです。
私が感じた(添削を受けた)職務経歴書の注意点を紹介します。
ポイントは簡潔に分かりやすくです。

 

 

 

 

職務要約(個人情報なので、架空の例で記載します)
◎◎系商社で約5年、営業に従事してきました。
東海地域の△△という大手の工作機械メーカーが私の担当でした。
工作機械業界は、価格・品質・納期が非常に厳しい業界です。
対策として、仕入先に週2~3回通う事で直接工場の人と話せる環境を作りました。

 

 

商社の営業は、仕入先と販売先のニーズを察知し提案することが重要です。
今後も顧客要求に対応するために、仕入先の関係強化・新規開拓を行い
月1.5億円の売上を目指したいと考えています。

 

 

 

職務経歴(個人情報なので、架空の例で記載します)
20××年4月~現在 ◎◎株式会社
事業内容:○○系機械・○○系部品の専門商社
資本金:○億円・売上高:○○○億円・従業員数:560人
 
20xx年4月 ◎◎株式会社・第2営業部に配属
20xx年4月 主任に昇格(部下1名・アシスタント2名)
 
価格交渉・納期調整・クレーム対応
顧客要求のヒアリング(週1~2度訪問)
仕入先との関係構築(週2〜3回訪問・直接生産部門の人間と会話)

 

 

 

自己PR欄
要約を書いた方が良いです。
<月1億円のビジネスを獲得>
L/T1週間で20万個という無茶な要求がありました。
メーカーの工場・顧客両方に生産調整を行い対応しました。
結果、月1億円のビジネスを恒常的に獲得することに成功しました。
詳細は、実際の面接で説明すれば良いです。

 

 

 

転職理由
簡潔に書いた方が良いです。
ただし、長いと逆効果のため、一言で言いきるのがベターです。
<業界自体の朝が早く長時間労働が恒常化しているため>
(月の残業120時間+土日出勤も有り)
詳しくは、面接で説明すればOKです。

 

 

 

志望動機
簡潔に書いた方が良いです。
長いと読んでもらえない可能性が高いです。
<海外へ日本の製品を販売していきたい>
日本・海外で仕入れた製品を日本国内の顧客へ販売。
以後は英語を使い海外の顧客にも販売する仕事をしたい。
詳しくは、面接で説明すればOKです。

 

 

 

資格欄
何も書かないのはNGです。
営業系の場合、自動車免許がないと不採用になることもあるそうです。
普通自動車免許

 

 

 

 

趣味の欄
何も書かないのはNGです。
つまらない人間だと思われます。
語学の勉強
大学時代から、独学で英語を勉強し続けています。
村上春樹の訳した外国書籍が好きで、すべて読破しました。

 

私は海外を意識していたので、語学の勉強と書きました。
嘘ではなければ問題ありません。

 

 

 

こんな感じです。
人によっては、目指している業界や職種が違うので、
スタイルだけでも参考になればと思います。

 

 

 

==> 転職成功者の平均応募者数の記事に進む

 

==> 転職方法−年収アップのコツのTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加